βランス流キャラデッキな日々

遊戯王こよなく愛するデュエリスト、現在はもっぱらコレクター だけどイベントにもたまに行く。DM~VRAINSまでの歴代キャラクターが使用したカードでキャラデッキばっかり作ってます。

イベント使用デッキ「フォトンギャラクシー」

デュエリストパックの新規を入れたフォトンギャラクシーのデッキ。


f:id:ligernova:20180618223524j:image

 最近は公式スリーブをあまり使わなくなったけど、ZEXAL当時発売されたこのスリーブは今でもお気に入り。
f:id:ligernova:20180618224007j:image

【メインデッキ40枚】

・モンスター23枚
f:id:ligernova:20180618213401j:image

フォトン・オービタル×3

フォトン・アドバンサー×3

フォトン・バニッシャー×3

フォトン・スラッシャー×3

銀河騎士×3

銀河戦士×3

銀河眼の光子竜×3

銀河眼の雲篭

銀河の魔導師

 

・魔法14枚

ギャラクシー・サイクロン×2

銀河遠征×3

銀河零式

フォトンサンクチュアリ×2

フォトン・ハンド

破滅のフォトン・ストリーム

ブラック・ホール

アクセル・ライト×2

死者蘇生

 

・罠3枚
f:id:ligernova:20180618215121j:image

フォトン・チェンジ×3

 

エクストラデッキ15枚】

・エクシーズ13枚
f:id:ligernova:20180618215718j:image

No.62銀河眼の光子竜皇

No.90銀河眼の光子卿

輝光帝ギャラクシオン

輝光子パラディオス

ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン

銀河眼の光波竜

銀河眼の光波刃竜

No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

No.107銀河眼の時空竜

輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン×2

H-Cエクスかリバー

機甲忍者ブレード・ハート

 

・リンク2枚
f:id:ligernova:20180618222120j:image

ハイパー・スター

聖騎士の追想イゾル

 

 《フォトン・バニッシャー》

特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2000/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。
自分は「フォトン・バニッシャー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「銀河眼の光子竜」1体を手札に加える。
(2):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(3):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。

 

フォトンかギャラクシーがいるだけで出せるレベル4フォトンで光子竜をサーチできる。

そのままフォトン・ブラスト・ドラゴンをエクシーズすればサーチした光子竜を耐性付きで出せる。

 

 

《輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン》

 エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/ドラゴン族/攻1800/守2500
レベル4モンスター×2
(1):このカードがX召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「フォトン」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):X召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの攻撃力2000以上のモンスターは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
(3):相手ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「銀河眼の光子竜」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

ZEXAL劇中のカイトをイメージさせるイラストの魔法、罠ハンドとチェンジは真価を発揮するためにはどちらも光子竜が必要とはいえ、あると便利。

 

 《フォトン・チェンジ》
永続罠
このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の、
フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を墓地へ送り、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
「銀河眼の光子竜」を墓地へ送って発動した場合、両方を選択できる。
●そのモンスターと元々のカード名が異なる「フォトン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
●デッキから「フォトン・チェンジ」以外の「フォトン」カード1枚を手札に加える。

 

フォトン・ハンド》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合、
1000LPを払い、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
発動時に自分フィールドに「銀河眼の光子竜」が存在しない場合には、Xモンスターしか対象にできない。

コレクターズパックに入っていた銀河眼の光子卿が破壊耐性と効果無効とフォトンかギャラクシーカードのサーチと思っていた以上に強い。

 《No.90銀河眼の光子卿》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/戦士族/攻2500/守3000
レベル8モンスター×2
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「フォトン」カードをX素材としているこのカードは効果では破壊されない。
(2):相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その効果を無効にする。
取り除いたX素材が「ギャラクシー」カードだった場合、さらにそのカードを破壊する。
(3):相手ターンに発動できる。
デッキから「フォトン」カードまたは「ギャラクシー」カード1枚を選び、
手札に加えるか、このカードの下に重ねてX素材とする。

 

 

そしてまさかのオービタルの2度目のカード化。自身もフォトンになり、強化とサーチ効果と以前よりも有用性が上がった。

 《フォトン・オービタル》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「フォトン」モンスター
または「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを
攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
装備モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキから「フォトン・オービタル」以外の「フォトン」モンスター
または「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。

 

《オービタル7》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 500/守2000
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
このカードにカシコマリカウンターを1つ置く。
(2):自分メインフェイズに、このカードのカシコマリカウンターを全て取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は2000になり、このターン直接攻撃できず、エンドフェイズに墓地へ送られる。
(3):このカードをリリースし、自分の墓地の、
フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

なんかサーチが豊富になったし、さらに7月発売の新パックに銀河眼のリンクが出るとかサイバー並みに怒涛の強化をもらっているな。