βランス流キャラデッキな日々

遊戯王こよなく愛する元デュエリスト、現在はもっぱらコレクター 。 DM~VRAINSまでの歴代キャラクターが使用したカードでキャラデッキばっかり作ってます。

βランス流キャラデッキ「海馬瀬人」

 ①そのキャラがアニメ、マンガ、映画で使用もしくはデッキに入っていた描写のあるカード

(使用時期やアニメ、マンガは問わず、枚数は使用した枚数まで)

②Arc-Vに登場した過去キャラは過去のカードとアーク産のカードを混合可能

③キャラの変身体やキャラ本人以外で、その本人をイメージさせるようなキャラが使用したカードもキャラ本人のカードとして扱う。

(例:ZEXALの凌牙→ナッシュ、GXのカイバーマン、5Dsの偽ジャック等)

④キャラがテーマ使いで、①~③の条件を満たしても40枚にならない場合、テーマのOCGオリジナルサポートや劇中の使用枚数を越えてOK

⑤①~④まで満たしても40枚にならない場合、そのキャラと親しいキャラのカードも混合OK

(例、ユーゴとリン、ルアとルカ等)

⑥①~⑤を満たしても40枚にならない場合、テーマデッキと相性のいいOCGカードを使用可能

⑦リミットレギュレーションは最新のものを適用

 

今回は、原作カード中心、アニメカード中心、映画カード中心の3タイプの海馬デッキを同時に紹介。

ただし、一部アニメカードは原作中心や映画中心にも使用している。

 

原作中心デッキ『粉砕』

 【モンスター19枚】

青眼の白龍×3

ガーゴイル・パワード

ブラッド・ヴォルス

ケンタウロス

ミノタウルス

闇・道化師のサギー

ランプの魔精・ラ・ジーン

マジック・ランプ

X-ヘッド・キャノン

Y-ドラゴン・ヘッド

Z-メタル・キャタピラー

カイザー・グライダー

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-

ブレイドナイト

デスグレムリン

モザイク・マンティコア

破壊神ヴァサーゴ

【魔法12枚】

エネミーコントローラー

コストダウン

巨大化

ドラゴンを呼ぶ笛

黙する死者

クロス・ソウル

収縮

魔法吸収

天声の服従

ドラゴン・目覚めの旋律

融合

死者蘇生

【罠9枚】

ホーリーエルフの祝福

魔法除去細菌兵器

破壊輪

最終突撃命令

クローン複製

亜空間物質転送装置

闇の呪縛

死のデッキ破壊ウイルス

攻撃の無力化

【エクストラ6枚】

青眼の究極竜

ミノケンタウロス

XY-ドラゴン・キャノン

XZ-キャタピラー・キャノン

YZ-キャタピラー・ドラゴン

XYZ-ドラゴン・キャノン

 

 去年発売された「ストラクチャーデッキ海馬瀬人」をベースにマンガで使っていたカードをセレクト。

 

アニメ中心デッキ『玉砕』

【モンスター22枚】

 青眼の白龍×3

カイザー・シーホース

白竜の聖騎士

ヴァンパイア・ロード

ニュート

憑依するブラッド・ソウル

ジャイアントウィルス×3

異次元竜トワイライトゾーンドラゴン

グランド・ドラゴン

スピリット・ドラゴン

ドル・ドラ

サファイアドラゴン

エメラルド・ドラゴン

ファミリア・ナイト

レアメタル・ドラゴン

闇の道化師のペーテン×3

【魔法8枚】

クリティウスの牙

収縮

エネミーコントローラー

クロス・ソウル

サイクロン

巨竜の羽ばたき

白竜降臨

死者蘇生

【罠10枚】

死のデッキ破壊ウイルス×2

破壊輪

バーストブレス

竜の逆鱗

タイラント・ウィング×2

闇の呪縛

攻撃の無力化

聖なるバリア-ミラーフォース-

【エクストラ3枚】

デス・ウイルス・ドラゴン

ミラーフォース・ドラゴン

タイラント・バースト・ドラゴン

 

アニメオリジナルの乃亜編、ドーマ編、KCグランプリ、光のピラミッドで使っていたカードをセレクト。

 

 

映画中心デッキ『大喝采』

【モンスター20枚】

青眼の白龍×3

青眼の亜白龍

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン

クリスタル・ドラゴン×2

アサルトワイバーン×3

カイザー・ブラッド・ヴォルス×2

パンデミック・ドラゴン

闇の道化師のサギー

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-

カイザー・シーホース

ブラッド・ヴォルス

混沌帝龍-終焉の使者-

オベリスク巨神兵

【魔法12枚】

カオス・フォーム

竜の闘志

融合

死者蘇生

エネミーコントローラー

収縮

クロス・ソウル

ドラゴン目覚めの旋律

コストダウン

ドラゴンを呼ぶ笛

巨大化

サイクロン

【罠9枚】

カウンター・ゲート

融爆

クリスタル・アバター

死のデッキ破壊ウイルス

破壊輪

攻撃の無力化

闇の呪縛

亜空間物質転送装置

タイラント・ウィング

【エクストラ3枚】

青眼の究極竜×2

青眼の究極竜

 

 

3つとも魔法罠はほとんど変わらない。

他のカードが、禁止カードの次元融合や異次元からの帰還とのコンボ前提だったり、かなりピンポイントメタで使いづらい。

 

 

海馬がドラゴン使いのイメージがあるのはアニメでサポート含め色々なドラゴンを使っていたからで原作では青眼以外はカイザー・グライダーが手札にあった位だったのな。

 

オベリスクは原作中心に入れるべきなんだろけど、やっぱり映画でのインパクトが強すぎた。

アローヘッド確認「サイバースデッキ」

http://ligernova.hatenadiary.jp/entry/2017/07/11/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF3%E7%AE%B1%E9%96%8B%E5%B0%81

 

先日書いたストラク3箱デッキにスターターやパックのカードを入れて改良を加えたサイバースデッキが仕上がった。

普段ならPlaymakerの使用したカードでキャラデッキを作るが、今回はリンク召喚メインの展開重視にした。

 

【モンスター25枚】

サイバース・ガジェット×3

ドラコネット×3

バランサーロード×3

ブート・スタッガード×2

ROMクラウディア×3

バックアップ・セクレタリー×2

リンク・インフライヤー×2

RAMクラウダー

リンクスレイヤー

スタック・リバイバー

ドットスケーパー

ビットロン

デジトロン

BF-朧影のゴウフウ

【魔法9枚】

サイバネット・バックドア×3

スケープ・ゴート×2

貪欲な壺

精神操作

封印の黄金櫃

星遺物を巡る戦い

【罠6枚】

リコーデッド・アライブ×3

サイバース・ビーコン×3

【エクストラ15枚】

エンコードトーカー×2

デコード・トーカー×2

トライゲート・ウィザード

リンク・スパイダー×2

リンク・ディサイプル

ハニーボット

アカシック・マジシャン

バイナル・ソーサレス

プロキシー・ドラゴン

ミセス・レディエント

ヴァレルロード・ドラゴン

ファイアウォール・ドラゴン

 

 

無理にLINK-4は狙わず、エンコードとトライゲートの相互リンクを最終地点に考えている。

 

ガジェットやゴウフウ、その他手札からの特殊召喚でLINK-3は出しやすいので、最初はデコードで攻めて、準備が整ったらリコーデッドでエンコードに切り替える。

 

「星遺物を巡る戦い」

サーキットブレイクで登場した速攻魔法。

星遺物カードなんで、星遺物もしくは、新テーマクローラーのサポートかと思っていたら汎用カードだった。

 

自分のモンスター1体をエンドフェイズまで除外し、相手のモンスター1体の攻守を除外した自分のモンスターの攻守分下げるというもので、バランサーロードに使って1700下げつつレベル4以下出したり、エクストラゾーンのLINK-2モンスターをメインゾーンに移す役割として採用した。

 

 

サイバースとリンクモンスターは、VRAINSやっている限り強化が約束されているので、これからどんなデッキになっていくか楽しみ。

サーキット・ブレイク3箱開封

発売日はだいたい仕事で休みはだいたい中日。

予約している店の予約取り置き期間が発売日から1週間以内に取りに行けばよいので、開封できるのは発売日から数日後になる。

 そんな事情はひとまず置いておき、

 

まずは先だって手に入れていた本とセットになっている3パック。

ネットで開封結果見ていると1枚はスーレア以上確定のようですね。

 

オルターガイスト・プライムバンジー(シークレット)でした。

 

では、一箱目ドロー

レリーフ

サンダー・オーガ

【シークレット】

プライムバンジー⬅Σ(゜Д゜)

【ウルトラ】

クオリアーク

ヴァレルロード

エグゼキューター

【スーパー】

ラグナロク

クイック・リボルブ

ツイン・トライアングル

アカシック・マジシャン

拮抗勝負

やりすぎた埋葬

【ノーレア】

おジャマデュオ

衛生兵マッスラー

 

二箱目ドロー

レリーフ

スイートデビル

【シークレット】

やりすぎた埋葬

【ウルトラ】

プライムバンジー⬅(・・;)

ヴァレルロード

エグゼキューター

【スーパー】

やりすぎた埋葬

拮抗勝負

アカシック・マジシャン

ゲートウェイ

ラグナロク

ドリアード

【ノーレア】

おジャマデュオ

 

三箱目ドロー

レリーフ

エグゼキューター

【シークレット】

プライムバンジー⬅(# ゜Д゜)

【ウルトラ】

プライムバンジー⬅(´д`|||)

サンダー・オーガ

スイートデビル

【スーパー】

リンク・バンパー

やりすぎた埋葬

マリオネッター

クイック・リボルブ

ツイン・トライアングル

ドリアード

【ノーレア】

おジャマデュオ

 

新テーマどれ組むにしてもなんか中途半端な当たりだった。

 


f:id:ligernova:20170711200201j:image

とくに オルターガイストのこれはホントにひどい

 

 やりすぎた埋葬も地味に4枚あるが、こっちは汎用カードなんで多くてもありがたい。

 

 

おジャマデュオはノーレアなんかじゃなかったんだな(白目)

 

3箱目からはこいつが出たのでプラスかな?
f:id:ligernova:20170712140432j:image

Storm access

6月17日に発売されたストラク「サイバース・リンク」

 

発売日に買ったのに、2週間未開封のまま放置していた。

 

先日ようやく開けて3箱デッキを作ってみた。

 

【モンスター20枚】

ブート・スタッガード×3

バランサーロード×3

輝白竜ワイバースター×3

暗黒竜コラプサーペント×3

ROMクラウディア×2

バックリンカー

デュアル・アセンブル

ドットスケーパー

グローアップ・バルブ

クラインアント

ジェスター・コンフィ

【魔法12枚】

サイバネット・バックドア×3

封印の黄金櫃×2

ソウル・チャージ

月鏡の盾

コズミック・サイクロン×2

D・D・R

精神操作

シャッフル・リボーン

【罠8枚】

リコーデッド・アライブ×3

神風のバリア--エア・フォース-×2

神の通告×2

次元障壁

【エクストラ9枚】

バイナル・ソーサレス×3

エンコードトーカー×3

トライゲート・ウィザード×3

 

更にスターター3箱、コード・オブも混ぜてplaymakerのキャラデッキ(アニメ7話中デュエル3戦でメインデッキの使用したカードはまだ10枚位なので使用したカードのみでは組めないからストラクのカード達もアニメで使ってほしい)を考えてる中、ストラクよりも長い期間未開封のまま放置していたものを発見。

それはサイバース・ガジェットが付録だった時のVジャンプ×2。

本誌の記事は4月のリミットレギュレーションの発表だった。

スターターの時に開けるつもりが、すっかり忘れてた。

 

 Playmakerのハノイ戦のクラッキング・ドラゴンの効果に対して攻撃力の低いスタック・リバイバーで最小限のダメージ→その後に召喚するモンスターに発動するバーンには魔法で対策→ダメージを受けたターンに発動できるカードを発動とか、鬼塚戦の相互リンクして連続攻撃やブルーエンジェルのダメージをあえて受ける等、カードの順番が狂ったら成立しないとか、敵の効果を利用しつつこっちのカードの効果を引き出す戦略はすごい好き。自分がマネできるかってなると厳しいけど(笑)

【速報】2017年7月リミットレギュレーション

公式サイトが、Vジャンプ発売日の1週間も前に新しいリミットレギュレーションを公開するという新展開。

 

そして珍しく発表即日にそれを書くβランス。

 

【禁止!】

十二獣ブルホーン

 

【制限】

真竜剣皇マスターP

ドラゴニックD

妖精伝姫-シラユキ

 

【準制限】

 EMペンデュラム・マジシャン

黒き森のウィッチ

 彼岸の悪鬼スカラマリオン

レスキューキャット

異次元からの埋葬

命削りの宝札

儀式の準備

機殻の生贄

ブラック・ホール

テラ・フォーミング

ユニオン格納庫

揺れる眼差し

竜の渓谷

神の通告

 

【制限解除】

カオス・ソルジャー-開闢の使者-

慧眼の魔術師

ゴヨウ・ガーディアン

終末の騎士

DDスワラル・スライム

爆竜剣士イグニスターP

氷結界の龍ブリューナク

洗脳-ブレインコントロール

 

 

十一獣だった十二獣がついに十獣に。

てかこの前調整し直した剣闘獣がぁぁ

マスターP、ドラゴニックD、シラユキ使ってみたいと思いつつ結局使わないうちに制限に

なった。

過去の環境で活躍したカード達がぞくぞくと緩和されてるな。

エラッタされたのも使われなくなって緩和。

ホントエラッタなんてしないほうがよかった。

ブラック・ホール準に開闢無制限とか切ないわ~

 

βランス流キャラデッキ「ヘルカイザー亮」

 

①そのキャラがアニメ、マンガ、映画で使用もしくはデッキに入っていた描写のあるカード

(使用時期やアニメ、マンガは問わず、枚数は使用した枚数まで)

②Arc-Vに登場した過去キャラは過去のカードとアーク産のカードを混合可能

③キャラの変身体やキャラ本人以外で、その本人をイメージさせるようなキャラが使用したカードもキャラ本人のカードとして扱う。

(例:ZEXALの凌牙→ナッシュ、GXのカイバーマン、5Dsの偽ジャック等)

④キャラがテーマ使いで、①~③の条件を満たしても40枚にならない場合、テーマのOCGオリジナルサポートや劇中の使用枚数を越えてOK

⑤①~④まで満たしても40枚にならない場合、そのキャラと親しいキャラのカードも混合OK

(例、ユーゴとリン、ルアとルカ等)

⑥①~⑤を満たしても40枚にならない場合、テーマデッキと相性のいいOCGカードを使用可能

⑦リミットレギュレーションは最新のものを適用

 

総数40枚

【モンスター17枚】

アーマード・サイバーン

カイザー・グライダー

強化支援メカ・ベビーウェポン

サイバー・ウロボロス

サイバー・ヴァリー

サイバー・ジラフ

サイバー・ダーク・キール

サイバー・ダーク・ホーン

サイバー・ダーク・エッジ

サイバー・ドラゴン×3

サイバー・バリア・ドラゴン

サイバー・フェニックス

プロト・サイバー・ドラゴン

ヘル・ドラゴン

ボマー・ドラゴン

【魔法15枚】

オーバーロードフュージョン

強制転移

巨大化

決闘融合-バトル・フュージョン

サイクロン

サイバネティック・ゾーン

サイバネティック・フュージョン・サポート

死者蘇生

瞬間融合

タイムカプセル

パワー・ボンド

未来融合-フューチャー・フュージョン

無情の抹殺

融合解除

リミッター解除

【罠8枚】

アタック・リフレクター・ユニット

決戦融合-ファイナル・フュージョン

サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー

トラップ・ジャマー

バワー・ウォール

フュージョン・ガード

リターンソウル

リビングデッドの呼び声

 

【エクストラ7枚】

サイバー・エンド・ドラゴン

サイバー・ツイン・ドラゴン

キメラテック・オーバー・ドラゴン

キメラテック・フォートレス・ドラゴン

鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン

F・G・D

双頭の雷竜

 

 

  デュエリストパック発売なので、カイザー亮デッキを紹介。

ただし、デュエリストパックの新規はあくまでヘルカイザーのイメージってだけで実際に彼が使用したものではないので使ってません。

 

 

かつてデュエリストパックヘルカイザー編は当時環境で活躍していた未来オーバーギミックの収録と3ヶ月ぐらいで最速再録されたサイバー・ダークとかなり優秀なパックだった。

エド編と同時発売だったから、少しずつしか買えなかったけど。

 

「見よ!サイバー流は進化した」

紙質がアレだったストラクの機光竜襲来以降に登場したサイバーのカードを使ったデッキと今回のデュエリストパックの新規サイバー・ダークデッキも気が向いたら作ってみようか。

 

デュエリストパック6箱開封

キャラデッキ作っているからフラゲ情報前の噂の段階で、城之内、舞、梶木、カイザー、翔、三沢があげられていてわくわくした。

デュエリストパックだから、大半再録で新規数枚だろうと思いつつ、いつものハーフBOXより多く6箱予約した。

 

内容が判明していくと、キャラが使用したカードではなく、キャラをイメージした新規(しかも多い)ってのに驚いた。

 

ウルトラ4種、スーパー6種で封入率が、ウルトラ2、スーパー3なので、どの箱の当たりも被らなければ、それぞれ3枚ずつ手に入るはず。

 

結果⬇⬇⬇

 

アマゾネス王女×3

真紅眼の黒刃竜×4

鎧獄竜サイバー・ダークネス・ドラゴン×4

ウォーター・ドラゴン-クラスタ

 

城塞クジラ×3

 デューテリオン×4

真紅眼の鉄騎士ギア・フリード×2

サイバー・ダーク・インフェルノ×4

メガロイド都市×2

スーパービークロイドーモビルベース×3

 

うーん惜しい。

 

どれもキャラデッキには使わないが、それぞれのテーマとしては魅力的なんで、余裕があればデッキ作ってみたい。

 

キャラデッキは過去記事で順次公開中。

城之内デッキ

http://ligernova.hatenadiary.jp/entry/2017/06/02/%CE%B2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%B5%81%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD%E3%80%8C%E5%9F%8E%E4%B9%8B%E5%86%85%E3%80%8D

 

舞デッキ

http://ligernova.hatenadiary.jp/entry/2017/06/03/%CE%B2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%B5%81%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD%E3%80%8C%E5%AD%94%E9%9B%80%E8%88%9E%E3%80%8D

 

翔デッキ

http://ligernova.hatenadiary.jp/entry/2017/06/04/%CE%B2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%B5%81%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD%E3%80%8C%E4%B8%B8%E8%97%A4%E7%BF%94%E3%80%8D

 

ヘルカイザーデッキ

http://ligernova.hatenadiary.jp/entry/2017/06/05/%CE%B2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%B5%81%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD%E3%80%8C%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E4%BA%AE%E3%80%8D

 

 

三沢デッキは別の形で検討中

梶木デッキは無いが、昔からフィッシャーマンデッキは使っているのでそれを調整するつもり。