βランス流キャラデッキな日々

遊戯王こよなく愛するデュエリスト、現在はもっぱらコレクター だけどイベントにもたまに行く。DM~VRAINSまでの歴代キャラクターが使用したカードでキャラデッキばっかり作ってます。

遊戯王イベント体験

今回は「インストラクターに挑戦」に参加した。

 

使用したデッキはデュエリストパックで新規もらった、青眼、サイバー、BF、フォトン魔界劇団の5つ。

サイバーと各デッキのエクストラは当日の朝出かけるまでの間でパパっと入れたので若干適当である。

 

インストラクター戦6回、フリー戦3回。

 

・青眼2戦1勝1敗

VS水シンクロ❌

亜白龍一体しか出せなかった。フィッシュボーグがワラワラ出て来て、鯨がシンクロされた。

VSガガガ◯

 ドドドバスター2体からセイクリッド・トレミスが出てくるが、ヴェーラーで止め青眼のパワーで押し切る。

 

・サイバー2戦2勝

サイバーデッキは昨日の夜出来たばかりのデッキで、試運転のためにまずフリーを挑んでみた。

VS青眼◯

コアでサイバネティック・エボリューションをサーチして伏せる。

《サイバネティック・レボリューション》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「サイバー・ドラゴン」1体をリリースして発動できる。
サイバー・ドラゴン」モンスターを融合素材とする融合モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、直接攻撃できず、
次のターンのエンドフェイズに破壊される。

 

相手はカオスMAXで攻めて来るので、エボリューションでサイバー・エンドを出して対抗。4000同士でぶつかった後、ディープ・アイズが出て来て焦る。

レヴシステムでコアを蘇生して、ドライを通常召喚してインフィニティまでつながり相手を牽制する。手札にサイバネティック・フュージョン・サポートとパワー・ボンドが揃ったので、サイバー・ファロスでインフィニティをどかしてパワー・ボンドサイバー・ツインで決める。

 《サイバネティック・フュージョン・サポート》

 速攻魔法
ライフポイントを半分払って発動できる。
このターン、自分が機械族の融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、
その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド上・墓地から選んでゲームから除外し、
これらを融合素材にできる。
「サイバネティック・フュージョン・サポート」は1ターンに1枚しか発動できない。

 

《サイバー・ファロス》

 効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 0/守2100
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、機械族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(3):自分の融合モンスターが戦闘で破壊された時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「パワー・ボンド」1枚を手札に加える。

 

VS勝鬨

《覇道星シュラ》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/戦士族/攻 0/守 0
「覇勝星イダテン」+レベル5以上の戦士族モンスター
(1):1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力は0になる。
(2):モンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その戦闘を行うお互いのモンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、
それぞれのレベル×200アップする。
(3):融合召喚したこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
「覇勝星イダテン」1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

 

 《覇勝星イダテン》

融合・効果モンスター
星10/光属性/戦士族/攻3000/守2200
レベル5以上の戦士族モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族・レベル5モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、手札を任意の枚数捨てて発動できる。
このカードの攻撃力は捨てた数×200アップする。
(3):このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つ相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その相手モンスターの攻撃力をそのダメージ計算時のみ0にする。

 

パワー・ボンドランペイジで、1300まで削るも、上記の融合モンスター達に苦戦。

サイバー・ドラゴン・ズィーガーをリンクして、イダテンの攻撃を食い止める。

 残りライフ100対300という接戦に持ち込まれたが、手札無しの時エマージェンシー・サイバーをドローし、エルタニンをサーチ、攻撃力5000位で特殊召喚+墓地送り効果でフィッシュ。

 

BF3戦1勝1敗1中断

知り合いの人が来ていたので、その人と2戦フリーやって1敗1中断。この人のデッキ構築は先行後攻どちらでも対応できるようにしっかりと考えられているので強い。

 

VS雷◯

フルアーマード・ウィングをハイパースターと双頭の雷龍で越えてくる。

BFの展開力を生かして、ライキリで3枚破壊し、ライキリともう一体のBFで、アカシック・マジシャンを作ってその下にいたブラストを回収、再び特殊召喚してチドリをシンクロ。墓地にBFが10体以上いたので攻撃力が6000越えて、ハイパースターを倒して勝利。

《ABF-驟雨のライキリ》

 シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの「BF」モンスターの数まで、
相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

《ABF-涙雨のチドリ》
シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):このカードの攻撃力は自分の墓地の「BF」モンスターの数×300アップする。
(3):このカードが破壊され墓地へ送られた時、
「A BF-涙雨のチドリ」以外の自分の墓地の鳥獣族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

フォトン1戦1勝

VSギャンブル

ダイス・ポットを狙うデッキ。
効果モンスター
星3/光属性/岩石族/攻 200/守 300
リバース:お互いにサイコロを一回ずつ振る。
相手より小さい目が出たプレイヤーは、相手の出た目によって以下のダメージを受ける。
相手の出た目が2~5だった場合、相手の出た目×500ポイントダメージを受ける。
相手の出た目が6だった場合、6000ポイントダメージを受ける。
お互いの出た目が同じだった場合はサイコロを振り直す。

 

こいつの効果で2500ダメージをくらったが、それより驚いたのが、こちらの展開中に発動された罠カードだった。

 《無差別崩壊》

通常罠
(1):サイコロを2回振る。
出た目の合計よりレベル・ランクが低いフィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

 

最終的にハイパースター、光波刃竜、光子竜皇のパワーで押し勝った。

 

魔界劇団1戦1勝

VSドラグニティ

初手からワイルド・ホープ×2、ティンクル・リトルスター、魔王の降臨となかなか良い手札で、エレクトラムを絡めたペンデュラムをうまく決めていく。

魔界の宴佗女でバトルした劇団員を楽屋に戻しつつ、魔王の降臨を再セットの流れをうまく毎ターン行って勝利。

魔界の宴佗女》

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体をリリースし、
自分の墓地の「魔界台本」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
(2):自分のEXデッキに表側表示の「魔界劇団」Pモンスターが存在し、
セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「魔界劇団」Pモンスターを任意の数だけ特殊召喚する。

 

 

今回のデュエリストパックの新規は、どれも良い感じの強化で使いやすかった。