βランス流キャラデッキな日々

遊戯王こよなく愛するデュエリスト、現在はもっぱらコレクター だけどイベントにもたまに行く。DM~VRAINSまでの歴代キャラクターが使用したカードでキャラデッキばっかり作ってます。

βランス流キャラデッキ「Playmaker第1章編」

『βランス流キャラデッキとは』
①そのキャラがアニメ、マンガ、映画で使用もしくはデッキに入っていた描写のあるカード
・使用時期は問わない。
・アニメとマンガ混合可。

・同名カードの枚数は使用した枚数まで
②Arc-Vに登場した過去キャラは過去のカードとアーク産のカードを混合可能
③変身体、洗脳時、偽物等が使用したカードもキャラ本人のカードとして扱う。
(例:凌牙→ナッシュ、偽ジャック等)
④リミットレギュレーションは最新のものを適用

『①~④の条件を満たしても40枚にならない場合』
・同名カードで劇中の使用枚数を越えてOK
・ゲームで使用したカード
・そのキャラと親しいキャラの使用カード
(例、ユーゴとリン、ゴーシュとドロワ等)
・OCGオリジナル含む相性のいいカード
・エクストラはそのキャラのシリーズに無い召喚法は使用しない。
(遊戯にエクシーズの幻想の黒魔術師、遊星にリンクのハリファイバー等)

 

第46話「未来を描きだすサーキット」までにPlaymakerが劇中使用したデッキをサイバネティックホライゾンまでのカードプールで再現。

 
f:id:ligernova:20180419055833j:image

メインデッキ41枚

【モンスター26枚】

インタラプト・レジスタンス

クラスター・コンジェスタ

コンデンサー・デスストーカー

サイバース・ウィザード

サイバース・ガジェット

サルベージェント・ドライバー

SIIMタブラス

スタック・リバイバー

ストライピング・パートナー

ディフェクト・コンパイラ

デジトロン

デュアル・アセンブル

ドット・スケーパー

ドラコネット

バックアップ・セクレタリー

バックリンカー

バランサーロード

ビットルーパー

ビットロン×2

ブート・スタッガード

フリック・クラウン

リンク・インフライヤー

リンクスレイヤー

ロックアウト・ガードナー

 ROMクラウディア
f:id:ligernova:20180419055904j:image

【魔法7枚】

サイバーサル・サイクロン

サイバネット・ストーム

サイバネット・バックドア

サイバネット・ユニバース

セキュリティ・ブロック

ゼロ・エクストラリンク

リンケージ・ホール
f:id:ligernova:20180419055920j:image

【罠8枚】

サイバース・ビーコン

サイバネット・リフレッシュ

シールド・ハンドラ

スリーストライク・バリア

パラレルポート・アーマー

リコーデッド・アライブ

リミット・コード

リンク・リスタート
f:id:ligernova:20180419055931j:image

エクストラデッキ20枚】

アンダークロックテイカ

エクスコード・トーカー

エンコード・トーカー

スペース・インシュレイター

セキュア・ガードナー

セキュリティ・ドラゴン

デコード・トーカー

トランスコード・トーカー

バイナル・ソーサレス

ハニーボット

パワーコード・トーカー

ファイアウォール・ドラゴン

フレイム・アドミニスター

ベクター・スケア・デーモン

リカバリー・ソーサラー

リンク・スパイダー

リンク・ディヴォーティー

リンク・ディサイプル

リンク・バンパー

レストレーション・ポイントガード
f:id:ligernova:20180419055848j:image
f:id:ligernova:20180419055956j:image

 

 サイバネティックホライゾンまでで、

通常パック5つに、スターター2つ、ストラク2つ、さらにプロモの枠を使ってサイバース族やリンクモンスターのサポートカードを結構出したけど、その中で実際に使われたのはちょうど40種類でギリギリの枚数というのが驚き。

そのわりにLINK2以下を下級のように扱うから、エクストラデッキはオーバーしているという。

 

ピンチを手札誘発や墓地から発動でしのぎ、ストームアクセスでエースモンスターを呼び込み魔法・罠とのコンボによって勝利するPlaymakerの戦術だが、それらのカードはだいたい未カード化か微妙な調整が加えられ使いにくくなったカードもある。

 

ハノイの塔での決戦にてオールLINK4でエクストラリンクを決めたリボルバーも凄いけど、相手の場と繋がるようにエクストラリンクを返したPlaymakerも凄い。

そして新章開幕。新キャラ、謎のリンクマジック等今後の展開も気になるところ。

 

もちろん第2章の使用カードも追いかけていく。
f:id:ligernova:20180419060407j:image

 

 

今年からカードショップの遊戯王イベントに参加するようになり、イベント用のデッキ調整もしているので「βランス流キャラデッキ」の紹介は何気に今年初めてでした。