βランス流キャラデッキな日々

遊戯王こよなく愛する元デュエリスト、現在はもっぱらコレクター 。 DM~VRAINSまでの歴代キャラクターが使用したカードでキャラデッキばっかり作ってます。

ソウルオブデュエリスト

 

昨日に引き続き今日もサテライトショップへやってきた。

今日は公式イベント「ハノイの騎士に挑戦」に参加した。

 

さすがに土曜日の公式イベントなので参加者は多い。

 

今日持って行ったデッキは、おととい友達とのデュエルで使った超量植物、昨日女性デュエリストが使用した音響ガジェット、魔導書と魔導獣を入れているブラック・マジシャンデッキ。

 

3人のハノイの騎士と戦い、それぞれのデッキを使用。

一戦目は、音響ガジェットVS昆虫

相手にトポロジック・ボマーが居るとき4体展開した瞬間、戦線復帰で出されたモンスターによって全部吹き飛ばされたのはキツかった。

二戦目は、ブラック・マジシャンVSBF

手札悪く黒魔術のヴェールでブラック・マジシャン出す以外何も出来ずに敗北。

三戦目は、超量植物VS捕食植物

トロイメアユニコーンケルベロスを相互リンクしつつ、素材4のグレートマグナスの召喚に成功。

 まさか出せるとは思わないから、自分でも驚いた。

が、スターヴ・ヴェノムが攻撃力5000になって突破された上、グリーディ・ヴェノムを出される。

こちらのエクストラが残り1枚になっていたのでそのまま敗北。

 

後半は参加者が2チームに別れて戦う「チームデュエル」

制限時間20分間のデュエルを3セットやって勝利数の多いチームが勝利する。

 

1セット目音響ガジェットVSサブテラー

サブテラーの決戦2枚に翻弄される。

トポロジックトゥリスバエナ出せたのに、リンク先に特殊召喚できず、対処されてしまい負け。

デュエル終わった後盤面を見ると、ペンデュラムゾーンにギータスが残っていたので、効果使えばなんとか出来たのに悔しい。

 

2セット目は相手チームの人数が足りないのでハノイの騎士が相手。

音響ガジェットVSダイナミスト。

こちらのトゥリスバエナの効果にチェーンしてなぜかペンデュラムスケールをデッキからセットできる効果を発動。トゥリスバエナの効果ダメージが増える。

ダイナミストが2500打点を超えてきて、トゥリスバエナがやられる。

その後は手札も悪くバク―スカを出して耐えようとするものの時間切れになり中断。じゃんけんに負ける。

 

3セット目女性のハノイの騎士。

ブラック・マジシャンVS素早い

 ペンデュラム召喚で、ブラック・マジシャンを出す。魔導書廊エトワールと魔法年エンディミオンに魔力カウンターを乗せまくる。しばらくは下級の魚でしのがれる。シーラカンスアドバンス召喚されるも効果はヴェーラーで止める。

白クジラがシンクロされてブラック・マジシャンがやられる。

黒牙の魔術師の効果をフル活用しブラック・マジシャンで白クジラを倒す。チューナーとして復活した白クジラからバイファムートが出てくる。再びブラック・マジシャンがやられる。ドロー、魔法都市エンディミオン・・・で負ける。

 

まだ制限時間内だったので、もう一度戦ってもらう。マスターケルベロスに魔力カウンターを4つ貯めて攻めるも時間切れ。

 

これでチームデュエルが終わる。

自分のいたチームの勝利。勝利チームに商品としてPlaymakerのスリーブが配られた。

 

イベントの締めに、プレイマットなどの景品がもらえるじゃんけん大会が行われ、ベスト8まで残る。スターターデッキデザインのカードケースをもらった。

 

ハノイとの対戦の待ち時間に他の参加者ともデュエルした。playmakerばりに展開するサイバースデッキや、ガゼルや光の護封剣を入れている遊戯風マグネットデッキなど、多種多様なデッキと戦えて充実した1日だった。