読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

βランスの裏日記

YouTubeでもっともダサい戦隊玩具やロボット玩具のレビューチャンネル【玩具工房ライガー・ノヴァ★Ace】のメンバー、βランスのもうひとつの好きなもの遊戯王の話がしたい。だがしかし環境デュエリストではないから大したことは話せない。

into the VRAINS

悪夢のカルタ取りから小峠達が繰り広げる茶番と約1月の空白を経て遂に始まった新しい遊戯王遊戯王VRAINS

 

街の雰囲気は5D'sっぽく、異世界の雰囲気はZEXALっぽいなと思った世界観。

 

主人公遊作も、敵キャラのリボルバーも凄く良い声していた。

 

新型デュエルディスクはカードがデータ式で旧型はデッキをセットするタイプ。

映画の海馬みたい。

 

遊作は、話かけてきたクラスメートの悪いところと良いところを瞬時に3つずつ見抜く鋭い観察眼と敵が追っている謎のAI「イグニス」を上手く自分のところに誘導する技術力を発揮

 

敵のハノイの騎士はクラッキング・ドラゴンを操り、目的の為なら手段を選ばず人々(アバター)を襲ったり、街の破壊を行う暴虐っぷりを披露

 

かつてリンクヴレインズに存在した データストームという風、そしてイグニスの能力に呼び出されたサーフボード。その風に乗って行うデュエルをスピードデュエルと呼ぶらしい。

デュエルリンクスとか、最強カードバトルでお馴染みのルールのことだろうか?

遊作も、メインモンスターゾーン3つのレギュレーションあったっけ?と言っている位だし。

 

シリーズ初の1話でデュエルをしないという展開が、今後吉と出るか凶と出るか。

 

OP映像にウジャト眼が写ったり、リボルバーが謎のドラゴンを操ってたり、遊作の過去や、サイバース世界、謎のAIイグニス等1話からいろいろ謎を撒いているので、これから楽しめそう。