βランス流キャラデッキな日々

遊戯王こよなく愛する元デュエリスト、現在はもっぱらコレクター 。 DM~VRAINSまでの歴代キャラクターが使用したカードでキャラデッキばっかり作ってます。

anniversarypack感想

地上に煌めく玩具星・βランスです。

anniversarypack1stと2ndの全体的な感想でも。


去年の遊戯王20周年にかけて、映画公開に合わせてDM押しの商品を連発した近年。
その20周年を締めくくる記念パックのanniversarypack。

DM~Arc-Vまでのアニメからカードの新規と各シリーズのキャラのエース再録を期待していた。
フレイムウィングマンとか、サイバーエンドとか、ジャンクウォリアーとかホープとか。さらに欲をいえば、10周年の時のanniversarypackやディメボの4龍のようにイラスト違いが欲しかった。


ところが、収録内容が明かされるにつれ、その期待は外れていく。

過去にOCGの大会で猛威をふるっていたカードが、メインに再録されていく。
確かに環境カードの中にはキャラの使用したカードもある。

遊戯王というコンテンツは、原作のまんがから始まりアニメシリーズも5作続けたわけなので、GX以後のシリーズのカードをもっと再録して欲しかった。

てか、去年のゴールドパックに入っていたブラック・パラディン達をゴールドに入れず、こっちに入れてれば雰囲気が出てくると思う。

新規はアニメ産のカードとアニメイメージなので良い。チョイスは謎だけど。
三幻魔のサポートだすなら三幻神もミレニアムboxで出たのだから、三幻魔再録してもいいじゃん。


昔高くて手に入らなかったカードが複数手にできたのは良いが、テーマのカードは各1枚で微妙だし、制限カードやエクストラのカードが多いから

ゼンマイはゼンマイティじゃなくてシャーク、アーティファクトは神智じゃなくモラルタとかまだメインに入るカードのほうが欲しかった。


一見豪華なラインナップだけど、ガチデッキに入りそうなぶっ壊れはないな。たぶん。